完全な食品

はるか昔から知られるその存在

ハチミツ、ローヤルゼリー、プロポリスなど、私達はミツバチが作りだす成分を健康食品として多く取り入れています。
そんなミツバチと人間との関係は非常に古くから出来上がっているようです。
それは紀元前6000年ごろにまで時代をさかのぼります。

スペイン東部にある、ラ・アラーニャの洞窟の壁画に、ツボを片手にハチミツを採取している人間と、その周りと飛び回るミツバチの様子が描かれているのです。
つまり、その頃には人間がすでにハチミツを食料として摂取していたのだということがわかります。
ローヤルゼリーが歴史上に初めて記されているとされるのは、今から2400年前のことになります。

アリストテレスという古代ギリシャの哲学者が、数多く執筆した本の中に、「濃厚な蜂蜜に似た淡黄色の柔らかいもの《という表現が記されています。
これは、まさにローヤルゼリーのことでしょう。
しかし、この頃はまだローヤルゼリーの役割や女王蜂との関係はハッキリとわからなかったようです。

ローヤルゼリーを食べて女王蜂へと成長する幼虫は、約1mmという非常に小さな存在であるため、顕微鏡などが無いこの時代では、それを発見し、観察することが非常に困難であったためです。
そのために、アリストテレスは、女王蜂は卵から生まれるのではなく、ローヤルゼリーが固まって女王蜂へと変化するのだと思っていたようです。
ローヤルゼリーが、初めて「ローヤルゼリー《という呼ばれ方をするようになったのは、今から200年ほど前のことになります。

スイスのミツバチ研究者であるフランソワ・ユベールという人が、ローヤルゼリーのことを「ゼレー・ロワイヤル《と呼んでいたことが、その始まりであると言われています。
そんな長い歴史を持つローヤルゼリーですが、日本で普及するようになったのは割と最近のことで、明治時代の頃であると言われています。
同じ頃に日本でも生産をするようになり、だんだんと多くの人が愛用するようになっていったのです。
日本での歴史は浅いのですが、ローヤルゼリーの摂取率は、世界中で日本が一番であると言われています。
それだけ日本人は健康に対する意識が強いということなのでしょうね。
Copyright(C) 優れた栄養素 All Rights Reserved.