完全な食品

はちみつと何が違うの?

同じミツバチが作りだす食品で、「はちみつ」と「ローヤルゼリー」とがあります。
時々、それらはほぼ同じようなものなのではないかと思われている方もいるようなのですが、これらは全く別物なのです。
その違いについて、詳しく説明をしたいと思います。

まず、はちみつとローヤルゼリーとでは、生成方法が違います。
はちみつは、ミツバチが集めてきた花の蜜が原料となっています。
その採取した花の蜜を、巣の中で加工して貯蔵したものがはちみつとなるのです。

一方でローヤルゼリーは、このはちみつや花粉を食べたミツバチが、身体の中でそれらを合成して身体から分泌した液体のことを指します。
このローヤルゼリーは、女王バチだけが食べることのできる特別食であり、他の働きバチは女王バチのために、このローヤルゼリーをせっせと生成しているのです。
つまり、はちみつは働きバチのエサで、ローヤルゼリーは女王バチのエサであるということです。

働きバチと女王バチは、生まれた時は何ら変わりの無い同じ幼虫です。
しかし、女王バチとして選ばれた1匹の幼虫は、生まれたときから生涯ずっとローヤルゼリーを摂取され続けます。
その他の働きバチは花粉や蜜の混じったエサを食べることになります。

このエサの違いが、女王バチの身体の大きさや寿命、卵を産み続けることのできる生命力の高さを作り出すのです。
そのため、ローヤルゼリーに含まれている栄養素は、はちみつの比ではありません。
もちろん、はちみつも健康に良い食料として愛用されているのですが、ローヤルゼリーには各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸、特有成分であるデセン酸などが豊富に含まれています。

これらがバランス良く配合されているため、非常に効率よく体内に栄養素を吸収することができるのです。
また、はちみつとローヤルゼリーはその味も全く違うものです。
初めてローヤルゼリーを食べる人で、はちみつと似たような味わいを想像して食べてしまうと、その違いのギャップに驚くこと間違いありません。

ローヤルゼリーは非常に酸味が強く、ニオイも独特であるため、知らない人が摂取しようとすると、「腐っているのでは?」と思ってしまうほどです。
口に入れたときに舌にピリッとした刺激を感じるため、そういった味わいや刺激が我慢できず、摂取することを辞めてしまう人も少なくないようです。
このように、はちみつとローヤルゼリーとでは、その生成方法からハチの活用方法、含まれる栄養素や味わいに至るまで、全く違うものであるということがわかると思います。
気になるローヤルゼリーのカロリーは低カロリーで心配なく摂取して頂けます。
Copyright(C) 優れた栄養素 All Rights Reserved.