完全な食品

ローヤルゼリーに纏わる逸話

健康食品として愛用者が多いローヤルゼリーですが、ローヤルゼリーがいつから健康食品として摂取されるようになったのかご存知でしょうか。
ローヤルゼリーの効果や効能を知っている方は多いかもしれませんが、その歴史までご存知な方は少ないのではないかと思います。
ここでは、そんなローヤルゼリーの始まりや歴史についてご紹介します。

これを知れば、ローヤルゼリーの奥深さを感じられるかもしれませんよ。
まず、歴史上で最も古くにローヤルゼリーが登場しているのは、2000年以上も昔の古代ローマの時代です。
哲学者であるアリストテレスの著書の中に、「濃厚なハチミツに似た淡黄色の柔らかいもの」という言葉が記されていました。
それはまさしくローヤルゼリーのことでしょう。

このクリーム状の液体に囲まれて育ったミツバチの幼虫が、女王バチへと成長していくのだということをアリストテレスは目の当たりにしたのです。
そして、ローヤルゼリーこそが女王バチを生み出す重要なものであるということを知ったのです。
その後、ローヤルゼリーが製品として世の中に出回るようになったのは19世紀頃のことになります。

まだ医療が発達していない時代の中で、ローヤルゼリーによる様々な効能や作用を実感した人々は、ローヤルゼリーのことを「魔法の液」として大切に扱っていたようです。
20世紀になると、各地の病院でローヤルゼリーが薬品として処方されるようになりました。
有名な話ではローマの法王であるビオ12世が病に倒れ、危篤状態になっていたとき、ローヤルゼリーを処方し続けた結果、法王はみるみる回復し、健康になったと言います。

まさに「奇跡を呼ぶ薬」であると言えます。
この法王の話が各国へと報道され、ローヤルゼリーは様々な国へと普及されるようになりました。
日本にローヤルゼリーが広く知れ渡ったのは、1959年という、まだ割と最近のことになります。

「不老長寿の新薬」ということで輸入されるようになり、国内でも積極的に生産されるようになってきたのです。
このように、日本におけるローヤルゼリーの歴史は随分と浅いのですが、現在、ローヤルゼリーを最も愛用している国は、実は日本なのです。
それだけ日本人は健康に気を使っているということなのでしょう。

ローヤルゼリーにはまだまだ未知の効能が隠されています。
今後、更にローヤルゼリーの効能や作用がどんどん解明されていくことでしょう。
Copyright(C) 優れた栄養素 All Rights Reserved.