完全な食品

ローヤルゼリーはどうやって作られているの?

健康食品として販売されているローヤルゼリーは、主に3つの種類に分類することができます。
「生ローヤルゼリー」、「乾燥ローヤルゼリー」、「調整ローヤルゼリー」の3種類です。
これらは、それぞれ加工方法が異なり、それによって効果も変わってきます。
摂取のしやすさなども変わるため、自分に合ったタイプのものを選ぶことができます。
では、これらのタイプは、どのように加工されているのでしょうか。

まずローヤルゼリーを採取するところから始まります。
全くの自然の状態では、ほんのわずかな量しか採取することができないのですが、製品化するにあたって効率よく採取できるような方法がとられています。
生まれたばかりの幼虫を人工的に作った王台に移植し、働きバチがその人工王台にいる幼虫にローヤルゼリーを与えるように仕向けます。
72時間経つと、その中にぎっしりと詰まっているため、幼虫も手で取り除いて、王台に残ったローヤルゼリーを採取します。
これを何度も繰り返すことで、多くのローヤルゼリーを採取することができるのです。

その後、それぞれの種類ごとの加工方法を行います。
「生ローヤルゼリー」は、採取したそのままの状態のものを保存したものです。
そのため、鮮度も純度も非常に高く、3つのタイプの中で最も高い栄養価があると言われています。
その代わり保存が効かないため、早めに消化しなければいけません。
「乾燥ローヤルゼリー」は、生ローヤルゼリーの水分を飛ばして乾燥させ、それを粉末状に加工したものです。
生ローヤルゼリーに比べて保存が効き、割と摂取しやすいため人気があります。

成分の劣化は少ないですが、生ローヤルゼリーに比べるとやはり鮮度は劣ってしまいます。
「調整ローヤルゼリー」は、生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーを摂取しやすくするために、他の原料や添加物を加えたものです。
そのため、100%純粋なものでは無いので、生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーよりも効果は劣ります。
しかし、先ほどの2つのタイプは独特の味わいや酸味があり、苦手としている人も多いため、そういった方がローヤルゼリーを摂取したいときにはこの調整ローヤルゼリーを摂取するのが良いでしょう。
このように、加工方法によって摂取のしやすさや保存性、効果の高さが違うため、それを考慮した上で自分に合ったローヤルゼリーを購入するようにしましょう。
Copyright(C) 優れた栄養素 All Rights Reserved.